消化不良なスーパーフードたち

1年間くらい、私の中でスーパーフードのブームが来ていて、色々試してみました。スーパーフードと言えば、果実や種実類が中心ですが、どれも栄養価が高い事から人気となっています。

中でも、続けやすい印象の種実類を中心に試してみたのですが、種類は、色々と難しいなと思ったのが正直な実感です。というのも、種類のスーパーフードを食べた後は、消化不良を起こすことがあったからです。

加熱や発芽状態に無い種には、フィチン酸という自己防衛機能が備わっています。これが、ある事で動物の体内でも消化されず、排泄され、結果的に子孫繁栄を行うという植物の狙いがあるそうです。

このフィチン酸の影響は、動物のみならず人間にもあるので、種を食べても結局消化されずに出てきてしまう。その結果、ゆるゆるの便になってしまうという事です。

実際、種類を食べるとそうなる事が多かったので、おそらく影響受けてるのかなぁという気がしています。また、キヌアやアマランサスなどの小さい種のスーパーフード類は、「種自体が小さいからそれほど悪影響は無い」なんて言われています。

でも、結局、消化されずにそのままの形で出てきてしまうという事は、食べても意味が無いという事にもなりかねませんね。これも実感ベースの話ですが、栄養価が高いからと言っても、食べ物によっては、それが吸収されにくいとなると…。

という事で、色々と試してみたところ、身近なゴマは続けようかなと思うものの、キヌアやアマランサスなどのスーパーフード類は、正直必要ないかなという結論です。

後、ひまわりの種も試してみたものの、こちらも、食べた日と食べない日では腸の調子が違うのを実感してきたので、これも控えようかなと思っていたりします。