半年かけて食生活を見直してみました

半年位かけて食生活を見直してみました。
時間をかけたというよりは、「とりあえず、こんなものかな」というのが半年くらいかかって納得できたという方が合っているかもしれませんが。

それまでは、栄養はしっかり摂らないと健康やアンチエイジングに繋がらないと思っていたので、色々と気にして食べるようにしていたんですが、どうも調子が悪かったんですよねぇ。食べ過ぎて辛く感じる事も多かったし。

でも、ファスティングを知ってからは、真逆に進んでみようと思い、「これも要らない、あれも要らない」と色々と食材を減らしてみたら、空腹感はあるし、体重は落ちていくのに、反対に身体の調子が良くなる感じが確かに有りました。

それを実感してからは、何が必要で何が不要かを確認する為に色々と試してみたり、スーパーフードなども新しく買ってみて、身体に合わなかったら捨てたりと繰り返してようやく色々と身体に合っている食材がわかってきました。

とりあえず、種類は、ダメですね。
消化不良を起こすばかりで栄養を摂取出来たという実感はほぼありません。いつも、調子が悪かった気がします。

許せるのは、ゴマ位。
後は、だいたいゴロゴロという感じで、出てくるものもユルユルです。

スーパーフードという分類に入る種類は、総じて私の身体には合いませんでした。玄米も2ヶ月位試してみましたが、それも、いまいちでした。
玄米に切り替えた最初は、このまま玄米続けるという決意をしていたんですけど…。

卵も全く食べなくしてみたら、筋肉は落ちるばかり。
元々筋肉質で下半身はトレーニングしていたのでキープ出来ていた代わりに、上半身の筋肉量が数キロ落ちたのには驚きでした。

それを知ってやばいと思って、動物性タンパク質を少し増やし、普通のお米に戻したら、筋肉も戻ってきました。納豆は、毎日のように食べているものの、やっぱり、植物性タンパク質だけでは、かなりの量を食べないと補えないと思えます。

ファスティングをしている人たちは、動物性タンパク質を嫌って植物性タンパク質中心にしているかもしれないけど、確実に筋肉が落ちます。ただし、牛肉は、相変わらず食べませんね。

日本の牛は安全だろうけど、アメリカの牛は、身体をでかくするためにホルモン剤を投与しまくっているという事を聞いたら恐ろしくなりました。どこまで、本当かわからないけど、食べないで済むならそれが妥当な選択です。

そんなこんなで、一時期は、色々制限しすぎて、皮下脂肪がほぼ無い状態にまで行ってしまったけど、食事量を増やして、高タンパク低脂肪にしつつ、ご飯などの炭水化物も戻していったら、体重はある程度落としてキープしつつ、身体の調子が上がってきたので今は快適です。