少ない量で高栄養のスーパーフード

健康と美容、どちらにも共通して注目されているスーパーフードは、日本でも次第に大きな波となってきているようですが、食材として、以下のようなものがあります。

  • チアシード
  • クコの実(ゴジベリー)
  • マキベリー
  • ローカカオ
  • スピルリナ
  • ヘンプシード
  • アサイー
  • キヌア
  • アマランサス

スーパーフードと言えば、少ない量でも極めて栄養価が優れているという植物(野菜・果実)が中心ですが、中には食べにくいものもあります。甘さがくどいと、健康の為にと割り切って食べるのも大変。

今まで言われてきた栄養の撮り方のように、「野菜は毎日350gを食べないといけない」というような事も無く、少ない量で、栄養を十分補えるのは良いとしても、食べにくいとたぶん続かないでしょう。

そんな場合には、スーパーフードのサプリメントを用いるのも一つの方法。
正確にはサプリメントというよりも粉末状で青汁に近い感じのものがあります。